吃音・ことばの相談室 くろさわ

吃音・ことばの相談室 くろさわ

吃音(きつおん)や、
ことばの発達などの困りごとに対して
国家資格である言語聴覚士が支援する相談室です

ABOUT吃音とは?

吃音・ことばの相談室 くろさわ

ぼーーーくね

ぼぼぼぼくね

・・・・っぼくね

吃音とは「ぼぼぼぼくね」「ぼーーーくね」「・・・っぼくね」など、
音をくり返したり、伸ばしたり、声が中々出なくなる話し方を指します。
一般的には「どもる」ともいわれています。
吃音のある人は日本中、世界中、どの地域にもいることで知られており、
話しづらさや悩みを抱えていることがあります。

PLAN相談・指導内容

吃音・ことばの相談室 くろさわ

吃音(きつおん)の相談

相談対象:子ども〜大人まで

当相談室は吃音に対する相談や指導を積極的に行っています。
吃音でお悩みの方が楽に話し、生活がしやすくなるよう支援いたします。

ことばの発達の相談

相談対象:未就学児〜小学生まで

ことばの発達や学習、発音に関する支援を行います。

保護者だけでのご利用も歓迎です

※現在、吃音のご相談のみの受付となります。
ことばの発達の相談は、受付開始となり次第ホームページ上でお知らせいたします。

PRICE・RESERVE料金・予約

吃音・ことばの相談室 くろさわ

対面 相談・指導

50 8,000

(初回利用:80 分 10,000円)

吃音・ことばの相談室 くろさわ

オンライン 相談・指導

50 7,000

(初回利用:80 分 9,000円)

平日だけでなく土日祝日のご利用も可能です

平日だけでなく

土日祝日のご利用も可能です

※オンライン相談・指導はZoomを使用し、日本全国どこにお住まいでもご利用いただけます。

※利用料には相談・指導で使用する資料や担当者とのメール・データのやりとりなどを含みます。

※保護者様だけでのご利用も可能です。その場合、お子様のことばの状態を録画・録音したデータを事前にご提出いただくことがあります。

※予約はRESERVA予約サイトで行います。携帯やパソコンから、いつでも予約・キャンセルが可能です。

予約はRESERVA予約サイトで行います。
携帯やパソコンから、
いつでも予約・キャンセルが可能です。

FLOW利用の流れ

※吃音の場合

初回利用

  • step1

    問診等の事前準備

    吃音・ことばの相談室 くろさわ

    ・予約完了後、問診フォームをお送りしますので事前にご入力ください。

    ・未就学児〜小学生の場合、ご家庭での吃音の様子を録音・録画していただき、事前にデータでご提出いただくことがあります。

  • step2

    相談・指導の実施

    吃音・ことばの相談室 くろさわ

    ・初回は吃音の評価や情報の聞き取り、吃音のガイダンス等を行った後、次回以降の指導方針を決めていきます。

    ・指導方針に合わせて次回からの推奨頻度(週に1回〜2ヶ月に1回)をご提案いたします。

  • step3

    記録の送付

    吃音・ことばの相談室 くろさわ

    ・初回で行った評価結果のまとめをメールや公式LINEでお送りいたします。

2回目から

  • step1

    相談、データの共有

    吃音・ことばの相談室 くろさわ

    ・次回予約日までの間、メールでのご相談が可能です(概ね一週間程度でのご返信)。また日常の吃音の状態、自主練習の実施状況など、適宜担当者とデータを共有して必要時はアドバイスを受けることができます。

  • step2

    相談・指導の実施

    吃音・ことばの相談室 くろさわ

    ・前回の指導状況や共有した日常での吃音の状態を参考に、その方に合わせた指導を実施していきます。

  • step3

    記録の送付

    吃音・ことばの相談室 くろさわ

    ・指導の終了後、指導記録や資料、自主練習の内容などを送付いたします。

MESSAGEご挨拶

はじめまして。
言語聴覚士の黒澤大樹と申します。
当相談室のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
吃音をはじめとして、ことばやコミュニケーションの困りごとは年齢によって変化していきます。吃音・ことばの相談室くろさわでは、お子様から大人の方まで幅広い年齢層を対象に、長期間のサポートとライフステージに合わせた支援を行っています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

黒澤 大樹

経歴

幼少期から吃音のある当事者。
大学卒業後、国立障害者リハビリテーションセンター学院で言語聴覚士免許を取得。
太田綜合病院附属太田西ノ内病院にて幼児から成人までの吃音や、子どもの発音・言語発達の臨床に従事。これまで経験した吃音臨床は150件以上になる。
臨床のかたわら、吃音のサポートグループ「ふくしま吃音懇話会」を立ち上げ吃音の啓発活動も行う。

・福島県言語聴覚士会 理事

・ふくしま吃音懇話会 副代表

・日本吃音・流暢性障害学会 講習・研修会委員、広報委員、他

・リッカムプログラム公式ワークショップ修了

主な講演・登壇歴

・令和5年度内閣府主催 障害者週間オンラインセミナー
「幼少期からつながる吃音支援」

・全国言友会連絡協議会主催 きつおん臨床オンラインセミナー
「言語訓練による個別指導」

FAQよくあるご質問

Q

利用頻度に制限はありますか?

A

制限はありませんが、基本的に週1回から2ヶ月に1回の利用をおすすめしています。
指導内容に合わせて利用頻度の目安をご提案させていただきます。

Q

利用の年齢制限はありますか?

A

吃音に関する利用の年齢制限はありません。
進学や進級、就職などライフステ―ジの変化に合わせて支援を行っています。

Q

保険証は使用できますか?

A

民間の相談室ですので、使用できません。利用料は自費の値段となります。

Q

待合室はありますか?

A

待合室はありませんので、ご予約のお時間ちょうどにいらしていただけると幸いです。
相談室内には同席のご家族が座れる椅子や、小さいお子様が遊べるスペースのご用意があります

Q

診断書の作成はできますか?

A

診断書の作成はできません。診断書が必要な場合は、近隣の医療機関をご紹介いたします。
なお英検の二次面接や入学試験の面接で、吃音の配慮を依頼するために必要な意見書については当相談室で作成可能です(作成は利用料に含まれます)。

Q

園や学校の先生と情報を共有したり、連携を取ってもらったりすることはできますか?

A

園・学校・職場への吃音の情報提供書類の作成や、必要時は先生方へのお電話など対応可能です。
これらの書類の作成や連携は利用料に含まれています。

Q

オンライン相談はどのように行いますか?

A

インターネット通話サービスのZoomを使用して行います。端末にZoomをインストールしていただく必要があります。
オンライン相談では資料を画面に映すこともありますので、携帯ではなくPCやタブレットで行うことを推奨しています。

Q

録音や録画などのデータの共有はどのように行いますか?

A

データに関してはGoogleドライブや公式LINEを利用して共有いたします。
また日常の吃音の状態や自主練習の状況を把握するために、Googleフォームなどのサービスを使用する可能性があります。
これらのサービスを利用するためにはスマートフォンかPC、タブレットとネット環境が必要になります。詳しい共有方法は担当者からご案内いたします。

Q

感染対策は行っていますか?

A

次の予約までに十分な時間を確保し、相談室の換気、指導で使用した物品等のアルコール消毒を行います。

ACCESSアクセス

営業日

土日祝日を含む週5日

9:00〜18:00

定休日

水曜日

その他の定休日は予約サイトでご確認ください

場 所

[対面]

東北本線須賀川駅から徒歩10分

須賀川ICより車で5分

※個人宅のため詳細な住所は予約完了後にお知らせいたします

※駐車場:1台分有り